脳神経外科

的確な診断と手術・血管内治療を行い、急性期から慢性期のリハビリを通じ、地域医療に貢献しています。

当科は脳神経外科専門医が常勤し日常の診療を行っております。 脳血管障害(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)、脳腫瘍、頭部外傷を中心とした脳神経疾患に対し、MRI、CT、脳血管造影、核医学脳血流測定、超音波などの診断機器を駆使してその診断と治療にあたります。 最近問題となってきた認知症のなかには慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、脳動脈狭窄症、脳腫瘍など外科治療が可能な疾患が隠れており、これら疾患の診断治療に努めています。 また時間外には当直医と連絡を密にし24時間体制で救急医療を行っています。

脳神経外科外来
一般社団法人National Clinical Databace(NCD)の手術・治療情報データベース事業への参加について