意思確認書

 私たちは、患者さんの人生にとって、どのような終末期治療が一番良いのかを、医療者とご本人・ご家族間でしっかり話し合い、思いを伝え合うことが重要と考えています。
 そこで当院では、入院中のご本人やそのご家族に「意思確認書」(緊急時の延命治療についての写真付き説明書)を主治医がお渡しし、終末期の治療についての思いを確認しています。
「意思確認書」の詳しい内容については、下記をご覧ください。
※上記の5種類を総称して「意思確認書」としていますが、状況に応じて、
 ①②④、①③⑤、①~⑤という風に、セットにして使用しています。
※お渡しする際には、必ず主治医からの説明があります。
※「意思確認書」を出された後でも、内容の変更が可能です。
お問い合わせ先:芳珠記念病院 医療安全リスク管理室