利用される皆様の権利

芳珠記念病院の職員は、利用される皆さまの権利を尊重することで参画し納得できる医療を提供します。
1.良質な医療を受ける権利
あなたには、年齢や性別、社会的地位、国籍、宗教などの違いや、病気の性質や罹病期間などに関係なく、最新の科学的根拠とガイドライン(標準化された診療指針)に基づく良質な医療を平等に受ける権利があります。しかし、当院の設備や役割では充分な医療を提供できないと思われる場合は、相談のうえ善処します。
2.プライバシーを守る権利
あなたの受診歴、健康状態、症状、診断、治療及び予後などの医療に関する情報をはじめ、身元を確認できる情報など、全ての個人情報は、個人情報保護方針のもとに保護されています。しかし、状況によって、あなたの同意がなくても、主治医等の判断で、家族や代理の方にお伝えすることがあります。
※病院職員には、医療を受けるあなたの個人的な情報に対する守秘義務があります。
3.知る権利
あなたには、あなたの医療の内容や危険性、病気の回復の程度をはじめ、医療上の記録を含むあらゆる情報を、できるだけわかりやすい言葉で説明を受け、知る権利があります。
4.思いを伝える権利
あなたには、医療の内容(検査、処置、看護、治療など)について、希望や意見を述べ、納得できるまで質問する権利があります。また、医療以外のことについても、ご意見箱等で自由に意見を述べることができます。
5.医師や医療機関を選ぶ権利
あなたには、医師や医療機関を選ぶ権利があります。他の医療機関の意見を聞きたい、転院をしたいといった希望がある場合は、必要な手続きのもと、あなたの診療に関する必要な情報を、紹介状や検査結果資料などの形で提供します。
6.医療の内容を選ぶ権利
あなたには、現在受けている医療の内容について、充分な情報提供や説明を受け、納得と同意のうえで、選ぶ権利があります。また、あなたの状況に応じて、研究中のものを含め、新しい医療を勧める場合がありますが、その際も、これまでの医療と比べてどのように優れているか、あるいはどのような問題点があるかなどの情報提供や説明を充分に受けたうえで、選ぶ権利があります。
7.自分の生き方を選ぶ権利
どれだけ治療を尽くしても、人生の最期を迎えるときが来ます。あなたには、そのとき、どのように生きたいのかを、前もって選ぶ権利があります。当院では意思確認書の形で、あなたの意思を尊重します。
当院で医療を受けるにあたり、これらの権利が守られます。しかし、緊急の場合は、診療を優先し、これらの権利を十分擁護できない場合があることもご了承ください。
 そして、あなたが安心、安全な医療を受けるために、あなたにも守っていただかなければならない義務があります。パートナーシップを大切に、医療への積極的な参画とご協力をお願いします。

医療法人社団 和楽仁 芳珠記念病院 院長
2011年4月1日改訂