専門外来

PA(原発性アルドステロン症)外来

 原発性アルドステロン症とは、 アルドステロンというホルモンが体内に多く分泌されることで高血圧症になる病気です。当専門外来では、内分泌内科、内分泌外科、泌尿器科などの専門医、 看護師、検査技師、放射線技師などが協働で診療を行っています。

【診療日等】金曜日・午前

【予  約】必要(紹介状持参による完全予約制)

【担当医師】臼倉 幹哉 (うすくら みきや)

もの忘れ相談外来

 認知症は、早い段階から治療を開始することで進行を和らげることができます。当専門外来は、各種検査による認知症の早期発見、鑑別診断を行い、認知機能低下の原因疾患に対する治療方針の立案や、 より専門的な機関への受診誘導などを行っています。

【診療日等】木曜日・午後

【予  約】必要(紹介状持参による完全予約制)

【担当医師】村井 裕 (むらい ひろし) 、 上田 佳史 (うえだ よしふみ)

CKD(慢性腎臓病)外来

 慢性腎臓病とは、慢性的に腎臓の機能が低下し、そのまま放置すると末期腎不全となり、人工透析や腎移植が必要となる怖い病気です。当専門外来では、「日本腎臓内科学会専門医」が、地域の医療機関と連携しながら診療を行っています。

【診療日等】金曜日・午後

【予  約】必要(紹介状持参による完全予約制)

【診療内容】食事管理・血圧管理・エリスロポエチン製剤の管理・二次性副甲状腺機能亢進症の管理・腎代替療法準備など

【担当医師】内田 幸助 (うちだ こうすけ)

禁煙外来

 喫煙は、「ニコチン依存症」などの病気で、がん、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など様々な病気を引き起こす原因となります。当専門外来では、喫煙が引き起こす様々なリスクについてもわかりやすく解説しながら、禁煙できるよう治療を行います。

【診療日等】火曜日・午後

【予  約】必要

【担当医師】安井 裕子 (やすい ゆうこ)

緩和ケア内科外来

 痛みや苦痛を和らげ、穏やかな時間を過ごせるよう、「がん」の在宅療養を支える専門外来です。専門医を中心に、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなどが協働し、疼痛管理の他、様々な相談に対応しています。

【診療日等】火曜日・8:45~15:00/木曜日・午前&午後

【予  約】不要

【担当医師】野竹 早智子 (のたけ さちこ)

便秘肛門外来

 便秘や便失禁などの排便障害や、痔などの肛門疾患は、「病院にかかることをためらい、結果として悪化したり慢性化してしまった」、「痔と思って受診したら違う病気だった」といった場合があります。当専門外来では、「日本大腸肛門病学会専門医」が、いぼ痔を切らずに治療するALTA療法など、特色ある検査、治療を行っています。

【診療日等】第1.2.3金曜日・午後

【予  約】必要(紹介状持参による完全予約制)

【対象疾患】痔核・痔ろう・裂肛・直腸脱・便秘症・便失禁・大腸・肛門疾患など

【担当医師】前多 力 (まえだ つとむ)

胸部腫瘍外来

 「肺がん」などの呼吸器疾患に対する迅速な診断・治療を目的に開設した専門外来です。 CT、MRIなどの画像診断のほか、なるべく患者さんの身体的負担が少ない検査等を実施し、より専門的な医療機関とも連携しながら、精密な診断・治療を行っています。

【診療日等】木曜日・午前

【予  約】必要(紹介状持参による完全予約制)

【担当医師】浦本 秀隆 (うらもと ひでたか)

乳腺外来

 「乳がん」は、日本人女性にもっとも多い「がん」ですが、一方で、早期発見と治療により治る可能性が高いとも言われます。当専門外来は、 県内でも少ない「日本乳癌学会乳腺専門医」が、専門的な医療機関とも連携しながら診療を行っています。乳房にしこり・くぼみがある、妊娠授乳期以外で乳頭分泌がある、乳がん検診で要精査の指示を受けたといった方はご相談ください。

【診療日等】第2.4.5土曜日・午前

【予  約】不要(※予約がある方を優先診療します)

【担当医師】井口 雅史(いのくち まさふみ)

創傷ケア外来

 当専門外来では、糖尿病、透析患者のフットケア、 褥創ケアに加え、重症虚血肢の治療を通じて、慢性化した治りにくい創傷の予防と、治療の質向上に努めています。

【診療日等】月曜日・午後

【予  約】必要
 
【担当医師】出雲﨑 亜紀子(いずもざき あきこ)