放射線科

放射線診断専門医が在籍しており、ほぼすべての画像診断の読影を行っています。超音波診断装置・各種X線診断装置・CR・MRI(1.5T)・マルチスライスCT・デジタル血管造影装置・核医学診断装置などによる高い診断能力を有しています。

【設備】
一般撮影装置・マンモグラフィ撮影装置・歯科用パノラマ撮影装置
X線テレビ装置・デジタル血管造影装置・超音波診断装置・マルチスライスCT装置(64列)
MRI診断装置(1.5T)・ガンマカメラ装置・移動用X線撮影装置・骨密度測定器など

■消化管造影
胃透視・注腸透視など
■超音波診断
腹部全般 軟部組織 
■血管造影
腹部を中心とした血管造影を施行
IVR(放射線科的診断手技を利用した治療法)血管造影を利用した出血や悪性腫瘍に対する塞栓術、悪性腫瘍に対する動注療法、細径針を用いた穿刺及びドレナ-ジなど
■RI(核医学)
注射または服用した放射性同位元素の体内分布を調べることにより、腫瘍や炎症の状態の確認や心筋梗塞の診断、脳血流の評価などを行っています

MRI読影

マルチスライスCT(64列)