外科

一般外科・消化器外科・呼吸器外科の専門医を擁し、ソケイヘルニアから悪性疾患まで幅広い技術を提供しています。麻酔専門医と連携して術後の疼痛管理も重視しています。理学療法士、作業療法士、薬剤師、と共に週に1度の総回診を行いチーム医療を大切にしています。

・消化器疾患(食道、胃腸、肛門、胆嚢、肝、膵などの疾患)、呼吸器疾患(肺、縦隔などの疾患)、乳腺甲状腺疾患、血管疾患(下肢静脈瘤などの疾患)等の外科手術を主に、外科全般にわたる診療をおこない、最新の治療法を積極的に取り入れています。
低侵襲手術、機能温存手術への取り組み・胆石症、胃腸腫瘍の一部に関しては内視鏡を用いて、小さな創で手術を行っています。
・肺の手術も、内視鏡手術が可能な例は、小さな創で手術を行っています。
・早期の乳癌では乳房をできるだけ残す温存手術を施行しています。
・直腸癌での自律神経温存手術や肺癌縮小手術等の機能温存手術にも、積極的に取り組んでいます。
・進行癌に対する集学的治療(総合的治療)放射線科との協力のもとに肝動脈に直接、抗癌剤を注入する方法などと、手術療法や化学療法とを組み合わせた統合的な治療を行っています。
・消化管については,胃と大腸の内視鏡検査を充実させており,早期癌の内視鏡切除や出血性潰瘍,食道静脈瘤破裂の緊急止血術を積極的に行っています。 また,経口摂取ができない方の対応として,内視鏡胃瘻造設術を積極的に行い,状態改善につとめています。
・慢性肝疾患については,定期的な診察に加えて,血液検査,超音波検査,CT,MRI等で肝癌の早期発見につとめ,TAE(肝動脈塞栓術),PEIT(エタノール注入療法)で治療しています。 C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法,自己免疫性肝炎に対するステロイド療法などと,他の治療法も併用して肝炎の進行阻止につとめています。 胆道・膵疾患については,超音波,CT,ERCP等で疾患の診断につとめています。
・当科は日本消化器病学会認定医施設、日本消化器内視鏡学会専門医指導施設、  日本消化器外科専門医修練施設、日本外科学会認定医修練施設となっています。

【一般外科疾患】

乳腺・甲状腺疾患、肛門疾患、ソケイヘルニア、下肢静脈瘤等の手術を多数行っています。
「内視鏡を用いた甲状腺手術」のパンフレット   内視鏡下手術に最新設備を導入

【消化器外科疾患】
熟練した外科医による胃癌、大腸癌をはじめとする各種良悪性疾患の外科手術や腹腔鏡下外科手術を放射線科医、消化器科医との合同カンファランスで手術適応を厳選して施行しています。
【呼吸器外科疾患】
気胸、肺癌、縦隔腫瘍など、胸腔鏡を駆使した手術を行っています。


専門外来についてはこちら
・便秘・肛門外来

手術の様子
外来待合室