眼科
 

眼内レンズを県内でいち早く導入した実績を持ち、後発白内障の治療にも力を入れています。

当眼科では、看護師二人、視能訓練士二人と共に常勤医師が外来診療にあたっています。外来は検査室、診察室ともに広くスペースをとっていて、ゆったりと検査、診察を受けていただくことができます。また、数多くの最新の検査機器を備えており、眼科一般の疾患に対処できる体制になっています。例えば、白内障手術を行っている施設では必須のYAGレーザー装置、糖尿病網膜症で威力を発揮する色素レーザー装置、緑内障の早期発見に有効な自動視野検査装置などがあります。また開設以来、経験豊富な視能訓練士と共に、数多くの斜視弱視の方を治療してきたことも特徴の一つといえます。

手術は月曜日の午後に行っています。白内障手術はもちろん、緑内障、斜視、涙器や瞼にも対処しています。手術機器も充実しており、白内障手術で使用する最新の超音波乳化吸引装置、白内障手術を安全に進めることができる前嚢切開装置なども装備しています。手術を受けていただく際は原則として入院していただいていますが、2泊3日か1泊2日かを手術の程度と希望により選ぶことができます。  なお、当眼科では、金沢大学病院と連携し、大学病院へ紹介したり、また、大学病院の先生に応援に来ていただいたりしています。

コンタクトレンズの処方を初めて希望される方へ

【3歳児健康診査での目の検査について】

  • 目の検査は、火曜・木曜14:00~15:30に行っています。
  • 眼科外来で事前予約をお取りします。
  ご予約・お問い合わせは、芳珠記念病院 眼科外来までお電話ください。
     TEL:0761-51-5551㈹


診察の様子
検査機器