ワクチン接種のご案内
海外渡航時の予防接種は、自分自身や家族、周囲の人たちへの感染を予防する以外にも、国や地域によっては、入国時に予防接種済みの証明書が必要になることがあります。海外渡航をされる皆さまは、渡航先の情報や予防接種についての情報を収集し、ご自分で接種の判断をする必要があります。ここでは、当院で接種可能な予防接種の一部をご案内します。

以下の内容は、厚生労働省検疫所 海外感染症情報のホームページを参考に作成しております。
※クリックで厚生労働省検疫所のホームページへ移動します。
当院でできる予防接種(一部)
※回数と期間は、「完了」に要するもので、完了しないと全く効果がないというものではありません。
破傷風(接種回数:3回/期間:6ヶ月)
破傷風菌は、世界中の土壌に存在し、日本でも毎年死亡者が報告されています。海外で怪我をして、言葉の問題などで受診しないでいると、命に関わることもあります。
A型肝炎(接種回数:3回/期間:6ヶ月)
途上国に中・長期(1ヶ月以上)滞在する人で、特に60才以下の方は接種をお勧めします。食べ物から感染する病気で、発症すると倦怠感が強くなり、重症になると1か月以上の入院が必要となる場合があります。
B型肝炎(接種回数:3回/期間:6ヶ月)
一般に健康な(免疫不全でない)成人の感染では、ほとんどが一過性感染で、急性肝炎の経過をとるものと不顕性感染となるものがあります。一過性感染は、劇症化して死亡する例(約2%)を除くと、おおよそ3ヶ月で完全に治癒し、慢性化することはありません。
日本脳炎(接種回数:2回/期間:1年)
東アジア、南アジア、東南アジアへ行く方にお勧めするワクチンです。ウィルスを保有する蚊にさされることで起こる重篤な急性脳炎で、死亡率が高く、後遺症が残る例も多く見られます。
地域別 接種推奨ワクチン
  アジア 中近東 太平洋 オセアニア アフリカ ヨーロッパ ロシア アメリカ
東南 中央 北西 中央
破傷風                                
A型肝炎                
B型肝炎                                      
日本脳炎                                                          
※ 表は、あくまで参考であり、絶対的なものではありません。
※ ◎=強く推奨されるもの、○=局地的な発生等、リスクがある場合に接種したほうが良いもの。
※ 短=短期、長=長期(1ヶ月以上の滞在)をさしますが、冒険旅行の場合は全て長期と考えてください。
計画的な複数接種
ワクチンの接種には一定の期間が必要ですが、複数のワクチンを平行して接種することができます。多くの地域で接種が推奨されている、破傷風、A型肝炎、B型肝炎を組み合わせて、接種されるケースが多いです。2回目の接種が終わるまでに6週間かかります。複数のワクチンを接種するには、計画的に受けることをおすすめします。
  • 破傷風:初回接種から、3~8週間の間隔をおいて2回目を接種。その後、6ヶ月以上の間隔をおいて追加接種。
  • A型肝炎:初回接種から、2~4週間の間隔をおいて2回目を接種。24週間の間隔をおいて追加接種。
  • B型肝炎:初回接種から、4週間の間隔をおいて、2回目を接種。20~24週の間隔をおいて追加接種。
  開始 1週間後 2週間後 3週間後 4週間後 6週間後 25週間後 26週間後 28週間後
破傷風 1回目       2回目       3回目
A型肝炎   1回目   2回目     3回目    
B型肝炎     1回目     2回目   3回目  
※ 各接種の2回目までを日本で接種し、3回目は、渡航先または帰国後に接種するパターンがほとんどです。
当院では、海外渡航前の予防接種を、月曜日~土曜日の午前中、健診センターで行っております。接種前に医師の診察が必要ですので、予約制にさせていただいております。
ワクチン接種には、時間がかかりますので、海外渡航が決まりましたら、できるだけ早く(出発の2~3ヶ月以上前までに)、ワクチンの種類と接種の日程をご相談ください。
 また、どのワクチンも、接種後の体調を確認するために、毎回の接種後30分間は、院内で待機していただくことになります。ご了承くださいますようお願いいたします。
【お問い合わせ】
芳珠記念病院 健診センター
TEL:0761-51-5553(直通)