────タバコがあると、また吸ってしまう可能性がありませんか?

いえ、それは絶対にありません。吸いたいと思った時は、自問自答しています。本当に吸っていいのか?今までの自分は何だったのか?と。そうすると、吸いたい気持ちをおさえることができますね。

──自問自答ですか~。これまでの努力がうかがえますね。では、貝森さんがタバコをやめて良かったと思えるのはどんな点ですか?

まずは、身体が楽になりました。食欲も出てきました。それに、病気に対する心配もなくなりました。これまでは、心のどこかで肺炎や肺がん、大きな病気を気にしながらもタバコを吸っていましたが、今はそのような心配がなくなり、気持ちも楽になりました。あとは、お金や時間が浮いたことですね。お金に関して言えば、普通に生活していて月に一万は確実に浮くようになりました。時間については意識しないのが、禁煙を続けるコツだと思っています。空いた時間を意識すると、また「吸いたい」という気持ちにつながるように思います。

──なるほど~。では、これから禁煙を始めようと考えている方にメッセージを一言!

優柔不断で意志が弱い自分でも、禁煙する事が出来たので、きっと皆さんもできると思います。これまでの自分は、何かあるとタバコに逃げていたように思います。でも、今は逃げません。逃げてはダメなんだ、と。

──…貝森さん、本当に変わりましたね。では最後に、ズバリ、今後も続けられる自信はありますか?

はい!自信あります。というより、タバコは吸ったらいかんでしょう!

最後に自信に満ち溢れた笑顔でブイサインしてくれた貝森さん。貝森さんへのインタビューはこれが最終回ですが、私たちも安心して取材を終えることができます。
これからもずーっと、がんばれ貝森さん!