看護局のページ

先輩ナースの声/インタビュー

金沢で学生生活を送っていた見山さんですが、芳珠記念病院を選んだきっかけは?
  就職は地元でという親との約束で(笑)、金沢と地元の中間にある芳珠を選びました。オープンホスピタルで担当の師長さんが本当に丁寧に説明してくれて、良い印象を持ったのが大きかったです。総合病院ということも決め手になりました。
病棟の先輩からは、「マイペースで頑張り屋」との評判です!実際就職してみての印象はどうですか?
  そんな風に言っていただいてありがとうございます。やはり最初は何も分からず、失敗も多くて。そんな時に、先輩が「新人のミスは私たちのミスでもあるし」と言ってくれて、心が楽になったのを覚えています。先輩みんなが優しくて、ここを選んで良かったなぁと思っています。
看護師としてのやりがいを感じるのはどんな時ですか?
  患者さんに「ありがとう」と言われる時です。逆に「がんばっとるね」と励まされたりもして、そんな時は本当に嬉しいですね。実は、白衣を着ている自分を、最初は「いいのかな」と思ってました(笑)。でも、不器用なりにだんだんとできることが増えてきて、最近は少し似合ってきたのかな。まだまだひよっこで、勉強しないといけないことがいっぱい!ですけど。
白衣、すごく似合ってますよ!これから、どんな看護師を目指しますか?
  とにかく患者さんの笑顔を見たいと思っています。そのためには、自分が常に笑顔でいるようにしないと。患者さんに笑顔を提供できるような看護師を目指していきたいです。
見山佳奈

つらい時期は必ずあると思います。そんな時に思いを聞いてあげて、不安な気持ちを
減らしてあげられる先輩でいたいです。技術の指導面などでは、まだあまり頼りに
ならないかもしれませんが、一緒に成長していきましょう。