助産師募集

 助産師といえば、妊娠・出産・産褥に必要なケアや助言を行ない、分娩における介助、新生児や乳児のケアを行うなど、「生命の誕生」に関わる業務が一般的に広く知られていますが、実はそれ以外にも、思春期から老年期まで、女性の一生に関わる様々な分野のスペシャリストでもあります。当院では、8名の助産師が、産婦人科の外来や病棟で活躍しています。助産師の資格をお持ちの方、ご応募お待ちしています!

 妊婦さんが妊娠中の生活を快適に過ごし、安心して元気な赤ちゃんを産むことができるよう、たまご教室(母親学級)を定期的に開催しています。また、母乳育児を推進するための「おっぱい教室」を開催し、母乳の利点と母乳育児に関する正しい知識を伝えています。
 内容に応じて、栄養士、リハビリテーションセラピストなど、様々な職種のスタッフと協同し、実践を交えた指導を行っています。
  教室での指導内容(一例)
[妊娠前期]
・授乳の仕方
・妊娠中の栄養
・妊婦体操
[妊娠後期]
・入院時期と方法
・お産の流れ
・沐浴指導
[おっぱい教室]
・母乳が出るしくみ
・妊娠中の乳房の手入れ
・母乳が足りているサイン

妊娠中から出産後に至るまで、知りたいこと、わからないことがあれば、いつでもこの本を手にとってほしい───。そんな思いから、助産師が自らの知識と経験を詰め込み、院内制作したオリジナルパンフレット「ハッピーマタニティライフ」と「ハッピーマミィライフ」をお配りしています。優しいイメージで読みやすいと好評です。

病棟勤務の助産師は、出産を終えたお母さんの退院約1週間後に、赤ちゃんとお母さんの様子を見るため、ご家庭を訪問しています。この頃は、赤ちゃんとの生活リズムができてくる反面、お母さんにとっていろいろと気がかりなことも出てくる時期です。訪問した助産師は、お母さんの様々な相談にお答えしています。
家庭訪問の内容
 ・ベビースケールでの赤ちゃんの体重測定
 ・お母さんの血圧測定
 ・子宮収縮、おっぱいの様子 など

乳房トラブルや、母乳育児に関する悩みに対して、助産師がサポートを行っています。母乳育児支援相談員として国際認定を受けた助産師も在籍し、乳房マッサージの他、母乳の量や卒乳についてなど、母乳に関する様々な指導を行っています。
ご応募お待ちしております!